FC2ブログ

Mac のアプリが起動不能になった場合の対処



medium_5385759365.jpg


ちょっと Mac book air を放置気味だったので、ひさしぶりに起動してみました。

しばらく使わないとアプリのアップデートが溜まる溜まる。

アプリのアップデートをしくしくと実行した訳ですが、ここでミスっちゃいました。



アプリのアップデート中に再起動したせいで、一部のアプリが起動しなくなってしまいました。

こうなってしまうと起動しなくなったアプリを削除して再インストールしても、起動しなくなります。

一応元に戻せたので、そのときの手順を記したいと思います。


起動しなくなったアプリの復元方法



Mac App Store 001


App Store を起動して、"購入済み"をクリックします。

Mac App Store 002


次に、起動しなくなったアプリを"ダウンロード、インストール"します。

以上で、アプリの復元が完了します。


アプリが起動しなくて困っている方は、一度この方法を試して下さい。
スポンサーサイト

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

VMwareFusion5でゲームとか動画のエンコードとか試してみる





VMwareFusion5 を Mac mini で動かしてゲームで遊んでみました。

試したゲームは2つ。

「The Elder Scrolls Ⅴ:SKYRIM(スカイリム)」
「Deus EX : Human Revolution(デウス エクス)」

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】

新品価格
¥4,436から
(2013/3/3 21:39時点)




デウスエクス【CEROレーティング「Z」】

新品価格
¥3,319から
(2013/3/3 21:39時点)




結論から言うと、VMwareFusion5 でゲームは無理でした。


スカイリム はフレームレートが5~10まで落ちてガクガクした動きになってしまいました。

デウス エクス に関しては、タイトル表示までに10分ほどかかり(普段なら数秒で表示されます)、タイトル表示から先に進めなくなってゲーム自体が出来ない状態になりました。


試した2つのゲームは、どちらも3D処理を必要とするのでこれがネックになったのかも。


動画のエンコードは、なかなか好成績を出しました。

使うソフトは「TMPGenc Video Mastering Works 5」


私はiPhone用の動画を作る際、可変ビットレート(平均1000bps:最大1500bps)にして、2passでエンコードしています。

画質優先の設定なので、これまでのPCではエンコードに時間がかかっていました。

60分の動画をエンコードするのに120分ぐらいかかります。


VMwareFusion5 上で TMPGenc を動かしたら、70分ぐらいでエンコード終了です。

VMwareFusion5 の仮想環境に割り振ったCPUのコア数を最大(8個)にした効果が生かされたようですね。


総評

VMwareFusion5 はCPU能力を犠牲にすること無く仮想環境で扱うことが出来るようです。

ただし、ハードのグラフィック処理能力を生かすことは出来ず、ゲームをするにはつらいようです。

ま、Macでゲームをするつもりはないので別にいいですけどね。

VMware Fusion 5

新品価格
¥4,254から
(2013/3/3 21:37時点)




TMPGEnc Authoring Works 5

新品価格
¥8,254から
(2013/3/3 21:38時点)



テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

MacでもWindows8を!VMwareFusion5で仮想デスクトップ




VmwareFusion000-1.jpg


気がつけば、Mac mini が我が家でおける最高スペックのPCになりました。

CPUがi7で最大8コア、メモリは16GBです。

APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A

新品価格
¥62,608から
(2013/2/17 22:03時点)




こいつに Windows8 を入れてバリバリ使い倒してみようと思いました。

BootCamp を利用する手もありましたが、OSを仮想環境で起ち上げる VMware の評判が良かったので、導入することにしました。


私が選んだ VMware は、「VMware Fusion5」。

Windows は、せっかくだから Windows8 にして Pro(64bit) をチョイス。

VMware Fusion 5

新品価格
¥4,254から
(2013/2/17 22:05時点)




Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)

新品価格
¥10,360から
(2013/2/17 22:05時点)




VmwareFusion000-2.jpg


早速 VMware Fusion5 のインストールです。

VMware Fusion5 は、インストール媒体に DVD と USBメモリ が用意されています。

最近の Mac には光学ドライブが搭載されてないことが多いので、USBメモリ がついてくるのはうれしいですね。

VmwareFusion001.jpg


今回は DVD からインストールしています。

VmwareFusion002.jpg


DVD からだと、読み込みに少々時間がかかります。


VmwareFusion003.jpg


VMware Fusion5 のインストール準備が整いました。


VmwareFusion004.jpg


VMware Fusion5 の初期化中。


VmwareFusion005.jpg


ソフトウェア使用許諾契約をよく読んで同意。


VmwareFusion006.jpg


ライセンスキーの入力。

ライセンスキーは DVD のパッケージの中にありました。


VmwareFusion007.jpg


サポートが必要ならライセンスを登録しましょう。


VmwareFusion008.jpg


インストールが終わったと思ったら、バージョンアップを促されました。


VmwareFusion009.jpg


今度は、アップデートのダウンロードが始まりました。、


VmwareFusion010.jpg


改めて VMware Fusion5 のインストールが始まります。

ここでいう再起動とは、仮想環境の再起動です。


VmwareFusion011.jpg


インストールがあっという間に終わってしまいました。

左上の "追加" を選択すれば、仮想環境作成のウィザードへ移ります。


VmwareFusion012.jpg


早速、仮想環境を作って Windows8 をインストールしましょう。

この画面になったら、Windows8 Pro(64bit) のインストールディスクを入れます。


VmwareFusion013.jpg


Windows8 Pro(64bit) が認識されました。


VmwareFusion014.jpg


ここで入力するのは、仮想環境に入れた Window8 のログインアカウント・パスワードと、Windows8 のプロダクトキーです。

Windows のバージョンもここで選択します。


VmwareFusion015.jpg


仮想環境に入れた Windows8 と Mac のデータ共有について設定します。

Windows8 ⇔ Mac 間のデータを頻繁に行いたいので、"よりシームレス"を選択。


VmwareFusion016.jpg


仮想環境に入れた Windows8 のスペックを設定します。

初期設定だとかなり制限されているので、設定を拡張しましょう。


VmwareFusion017.jpg


拡張できる設定の一覧です。


VmwareFusion018.jpg


キーボードとマウスの設定を"Macプロファイル"に設定。

こうすることで、Mac の操作に近い形で Windows8 を扱えるようになります。


VmwareFusion019.jpg


仮想環境に割り振る CPU のコア数を設定します。

私は動画のエンコードを仮想環境で行いたいと考えているので、最大の"8個"にしました。

メモリは最大値の 8GB にしました。

Mac mini のメモリを増設して 16GB にしてありますが、なぜか 8GB までしか設定出来ません。

Window8 の仕様でしょうか。



VmwareFusion020.jpg


仮想ディスクの容量を設定します。

どのくらいにするか悩みましたが、256GB にとりあえず設定しました。


VmwareFusion021.jpg


初期設定が決まったら、いよいよ Windows8 Pro(64bit) のインストールです。


VmwareFusion022.jpg


Window8 のインストール画面。

シンプルですね。


VmwareFusion023.jpg


Windows8 がインストールされていきます。

インストール時間は 40~50分 位。


VmwareFusion025.jpg


何回か再起動(VMware Fusion上で)が発生して、ついに Mac mini で Windows8 Pro(64bit) が起動!

なんか感動です。


使用感など、今後のブログで報告していきます。

APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A

新品価格
¥62,608から
(2013/2/17 22:03時点)




VMware Fusion 5

新品価格
¥4,254から
(2013/2/17 22:05時点)




Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)

新品価格
¥10,360から
(2013/2/17 22:05時点)



テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

Macのダッシュボードをもっと便利に使おう


medium_1860932498.jpg


Macにはウィジェットを登録できる Dashboard(ダッシュボード) と呼ばれるものがあります。

ウィジェットには電卓などとっさに使えるアプリを登録しておくと便利ですが、これをもっと便利に使ってみようと思います。


Dashboard は Safari で表示した情報を登録することが可能です。

Safari で毎日チェックしたいページを表示します。

今回は関東地方の雨雲を表示するアメッシュを登録してみます。

Dashboard001.jpg


アメッシュを開いたら、Safari の適当な場所で右クリックします。

「Dashboardで開く」を選びます。

Dashboard002.jpg


明るい部分が Dashboard に登録できる場所を示しています。

Dashboard003.jpg


明るい部分の大きさを変えて、Dashboard に登録したい箇所を範囲指定します。

Dashboard004.jpg


範囲指定が終わったら Dashboard を見てみましょう。

ブラウザに表示されていたアメッシュの画面が、Dashboard に登録されています。

Dashboard 上の表示はリアルタイムで更新されるので、いちいち作り直したりする必要がありません。


Dashboard には株価情報などリアルタイム情報を登録しておくと便利になって良いですね。

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

WWDC 2012で新型MacBookProとMacBookAirが発表されましたが、新しいiPad Smart Caceなど他の製品にも目を向けよう


medium_2288548838.jpg


Apple(アップル)から新型のMac(MacBookProとMacBookAir)が発表されましたね。

2011のMacBookAirを持っているので、新型Macにそれほど興味はありませんでした。

(まったく無い、というわけじゃありませんよ)


それよりも、他の製品の方が気になったので要チェックです。

iPad Smart Cace
http://store.apple.com/jp/product/IPAD_SMART_CASE_POLY-114501

アップル純正のiPadケースです。

いままで前面しか保護出来なかったマグネットつきのカバーが、全体を守るケースとして生まれ変わりました。

前面しか保護しないケースに不満をもっていた人も、これで解決です。


AirMac Expressベースステーション
http://store.apple.com/jp/product/MC414

新型になって、電源アダプターのような形からApple TVのようになりました。

旧製AirMac Expressは電源アダプタが本体内にあったので外出先でかさばらなかったけど、新AirMac Expressでは電源コードが取り外し式になってしまいました。

この点はマイナスかも。

AirMac Expressベースステーションの上位互換であるAirMac Extremeベースステーションは、今回の発表にありませんでした。


WWDC2012の感想

WWDC2012では、大きな発表がなかったイメージがあります。

順当なバージョンアップって感じ。

なので、新しい製品が出たからといって、食指が動くという訳でもありませんでした。


その代わり、これまでの製品の精度が底上げされたような印象を受けます。

自分の使っているMacが古ければ買いですが、そうでなければ無理に購入するほどでもないですね。

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

新品価格
¥9,400から
(2012/6/12 19:47時点)



テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

広告
楽天
Amazon

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

新品価格
¥1,872から
(2012/12/15 22:36時点)

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

新品価格
¥2,980から
(2013/3/3 21:47時点)

【国内正規品】 Klipsch イヤホン Image X 10

新品価格
¥17,770から
(2012/8/9 22:02時点)

プロフィール

ovamac

Author:ovamac
最近頭の中がWindowsからMacへ切り替り中。

RSSリンクの表示
本日までの来店者数
Dropbox
こちらから登録をして頂くと、私とあなたにDropboxの容量が追加されます。 http://db.tt/vZ2BAkGp
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
fc2
月別アーカイブ
カテゴリ
LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
iTune
iTunes Store(Japan)
App Store
Amazon
FC2
Google Analytics Real-Time
バリューコマース
QRコード
QR