FC2ブログ

自分の行動を記録するライフログアプリ


私は自分の行動をなるべく記録するようにしています。

記録する方法は様々で、Twitterであったり、ブログであったり、iPadのリマインダーを利用するのですが、どうも自分にあった記録方法が見つかりません。

行動を時間単位で保存が出来る様なアプリが欲しかったのです。


そんな中、よさそうなiPhoneアプリを見つけました。

QuickLog


ライフログを、Googleカレンダーへ書き込んでくれる

QuickLog001.jpg


QuickLogは、10月25日10:00~11:00読書、といったライフログを、そのままGoogleカレンダーの予定へ書き込んでくれます。


ライフログの登録は、単純明快!ボタンを押すだけ!

起動すると、大きなボタンが表示されます。

このボタンを押せばタイマーがスタートし、再度ボタンを押せばタイマーがストップします。

記録したライフログは、タグ(名前)を付けましょう。

"読書"とか、"読んだ本のタイトル"の様に、一つの記録に対して複数登録することが可能です。

QuickLog002.jpg


レポートが見やすい!

レポートは、日・週・月単位で見ることが出来ます。

今週、どのくらい勉強したか、読書したか、等、見やすく表示されます。

QuickLog003.jpg


最初は戸惑う、独特の操作

慣れてしまえば、どうということは無いのですが、初めての操作は迷うところがありました。


通常、この手のライフブログアプリは、先にタグを登録してからタイマーをスタートするのが一般的です。

しかし、QuickLogは、タイマーをスタートさせて、タイマーが動いている最中か、タイマーをストップさせた直後に限られます。

最初、コレに気づかず、タグの登録が分からなくて時間を取られてしまいました。

QuickLog004.jpg


レポートを見るのにも少々癖があって、初期状態では、レポートに何も表示されません。

記録につけたタグを、レポートのアクティビティに登録する事で、レポート(グラフ)が表示されます。

下図では、タグに"読書"を含めるものを、アクティビティに登録しました。

QuickLog006.jpg


タグ付は、一つのライフブログに2つまで

私は、一つのライフログに対して、1つか、2つタグをつけます。

例えば、本を読んだ場合は、"読書"と"読んだ本のタイトル"の様につけます。

こうすれば、行動全体の何%が読書に使われ、読んだ本に費やした時間を後からおって見る事が出来ます。

タグを3つ以上付けないのは、項目が増えすぎて管理出来なくなるのを、避けたかったからです。


今のところ、理想に近いアプリ、後は・・・

Googleカレンダーと連携出来るアプリを探していたので、理想とも呼べるアプリです。

しかし、操作性で難があるのは確かです。

先に上げた、タグ登録とレポートの表示操作について、改善を期待します。

また、iPhone版しかないので、iPadや、Androidに対応したアプリも出して欲しいです。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : iPhone
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

広告
楽天
Amazon

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

新品価格
¥1,872から
(2012/12/15 22:36時点)

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

新品価格
¥2,980から
(2013/3/3 21:47時点)

【国内正規品】 Klipsch イヤホン Image X 10

新品価格
¥17,770から
(2012/8/9 22:02時点)

プロフィール

ovamac

Author:ovamac
最近頭の中がWindowsからMacへ切り替り中。

RSSリンクの表示
本日までの来店者数
Dropbox
こちらから登録をして頂くと、私とあなたにDropboxの容量が追加されます。 http://db.tt/vZ2BAkGp
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
fc2
月別アーカイブ
カテゴリ
LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
iTune
iTunes Store(Japan)
App Store
Amazon
FC2
Google Analytics Real-Time
バリューコマース
QRコード
QR