FC2ブログ

Read it Laterを使い始めたらスマホでの情報収集が劇的に変化した



スマートフォンにGoogleReaderやはてなブックマークなど専用アプリをいれて、情報を積極的に収集するようになってからしばらく経ちます。

情報収集を進めていくうちに通信速度に不満を持つようになりました。

モバイルルータにイオンSIMプランAという組み合わせなので、通信速度は最大で100kbpsです。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

ツイッターなら問題ないレベルですが、はてなブックマークを見るのはちょっとつらい感じです。

電車内なら1ページ表示するのに1分以上かかる事もあります。

なんとかならないものかと思案していたらRead it Laterサービスを利用することに行き着きました。

readitlater001.jpg


Read it Laterとは、いわゆる後で読む系のWebサービスです。

Read it Laterを使う主な理由として、登録したページをスマートフォンでも読みやすく整形してくれる、そしてスマートフォンでの読み込みが早くなる、の2点が挙げられます。


スマートフォンでも読みやすく整形してくれるのは意外と重要です。

対応していなWebサイトをスマートフォンで見ると、文字が小さすぎたり広告が目障りだったりとストレスが貯まります。

Read it Laterなら、スマートフォンでも読みやすい形へ変えてくれるので、気持よく情報収集できます。

余計な画像も読み込まないので、文章を見るのに集中できます。


スマートフォンの読み込みが早くなるのは意外でした。

GoogleReaderやはてなブックマークのアプリで1分以上かかるような場合でも、Read it Laterならサクサク開く事が出来ます。

スマートフォンにキャッシュを先読みしてくれているのでしょうか?それともRead it Laterへのアクセスが爆速なのか?よくわかりませんが体感的に全然違います。低速回線を利用している人なら、違いにすぐ気づくと思います。


それでは、Read it Laterを使った具体的な情報収集の方法を伝えたいと思います。


・情報をGoogleReaderで集める

readitlater002.jpg


私の主な情報源はGoogleReaderに登録してあります。

GoogleReaderに気になる記事があれば、スターを付けます。

スターを付けられた記事は、iftttというWebサービスを使ってRead it Laterへ転送します。

iftttの説明は後述。

GoogleReaderのアプリをスマートフォンに入れてますが、記事にスターを付ける事が目的なのでこのアプリで記事を見ることはありません。


iftttとは、WebサービスとWebサービス間の橋渡しをするサービスで、GoogleReaderのスターを付けられた記事をRead it Laterへ転送してくれます。

やり取りできるWebサービスの種類が多いので、いろんなサービスを登録しておくと幸せにになります。



・情報をRead it Laterで見る

Read it Laterによって美しく整形された記事をゆっくりと見ます。

GoogleReaderの記事にスターを付けてRead it Laterへ渡されるまで多少時間がかかります。

私は、電車乗車中にGoogleReaderの記事にスターをガツガツ付けて落ち着いたときにRead it Laterを消化する、というスタイルをとっています。


・情報をシェアする

readitlater004.jpg


気に入った記事があればシェアするようにしています。

シェア先はツイッターがメインですが、他にGoogle+はてなブックマークなどへもシェア出来ます。

スマートフォンはシェア出来るアプリがインストールされていれば、簡単にシェア出来るのが良いですね。


・読み終わったらEvernoteへ

readitlater003.jpg

Read it Laterで読み終わった記事は、Evernoteへ保存しています。

ここでも、iftttのサービスを利用しています。

Evernoteに記事が保存されているので、いつでも過去記事を検索出来ます。


・現状最高の情報収集方法が確立された

Read it Laterを使うことによって私の情報収集に革命が起きたと言っても過言ではありません。

もっと早くから使えばよかった。

実は結構前からRead it Laterのことは知っていました。

なかなか使う気になれなかったのは、Read it LaterのWebインターフェースが気に入らなかったのと、後で読むならはてなブックマークで十分だと思っていたからです。

ただ、はてなブックマークだとブックマークに手間がかかったり、せっかくブックマークしても読まなかったりと、いまいち使い切れていませんでした。

Read it Laterで「読む」ことを身につけ、必要があればシェアをする、読んだ記事を保存する、ことが出来ました。


一応これで一つの完成形が出来上がったわけですが、不満もあります。

iftttで自動転送するのは楽でいいのですが、記事のタイトルがうまく反映されないことがあります。

それもしょっちゅう。

タイトルがうまく反映されないと記事のタイトルが全てUntitledになってしまい、何の記事だか開くまで分からない状態になります。

EvernoteへもUntitledの状態で転送されるので、ヘタをするとあれ?あの記事何処だっけ?とキーワード検索をかけてもHitしません。


解決策はあります。

GoogleReaderにスターをつけるのではなく、GoogleReaderからRead it Laterへ手作業でシェアすれば、Untitledは出ません。

でも、コレは楽じゃないしスマートじゃない。

iftttのサービスが改善されるか、代替サービスがあれば良いのですけれどね。



iPhoneとiPad向けのアプリはこちら

Read It Later Pro App

カテゴリ: ニュース

価格: ¥250


Read It Later Free App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料


Mac 向けのアプリはこちら

Read Later App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

広告
楽天
Amazon

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

新品価格
¥1,872から
(2012/12/15 22:36時点)

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

新品価格
¥2,980から
(2013/3/3 21:47時点)

【国内正規品】 Klipsch イヤホン Image X 10

新品価格
¥17,770から
(2012/8/9 22:02時点)

プロフィール

ovamac

Author:ovamac
最近頭の中がWindowsからMacへ切り替り中。

RSSリンクの表示
本日までの来店者数
Dropbox
こちらから登録をして頂くと、私とあなたにDropboxの容量が追加されます。 http://db.tt/vZ2BAkGp
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
fc2
月別アーカイブ
カテゴリ
LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
iTune
iTunes Store(Japan)
App Store
Amazon
FC2
Google Analytics Real-Time
バリューコマース
QRコード
QR